深夜ドライブのすすめ

夜の朝潮橋PA(上り)

ぼくは深夜ドライブの動画をアップしていますが、実は楽しくてはじめたことではありませんでした。
かと言って、動画をアップしたいために深夜ドライブを始めたわけではありませんでした。

夜景を楽しみたかったり、1日の中で車の時間を取りたいけど取れなくて空いている時間は夜だけだったという・・・そんな感じから深夜ドライブを始めたので最初は無理繰り的な感じで始めた深夜ドライブでした。

しかし、深夜ドライブを続けるうちにかなり楽しく思えてきました。

そして、実は、深夜ドライブが好きな方って結構いるんだなぁ・・・と実感することがありました。
というのも、twitterやYouTubeにコメントをいただくこともそうですが、匿名で個別で深夜ドライブのコースなどについて連絡をいただくことが出てきました。٩(^‿^)۶

ただ、やはり正直なところ、一人で夜に静かに運転しても気持ちが盛り上がらない方もいらっしゃるようです。
ということで、そんな深夜ドライブを楽しむコツと言いますか、深夜ドライブのすすめと題して記事を書いてみたいと思います!

深夜ドライブを楽しむ秘訣

単にドライブをするだけでは、何も楽しむことができません。
深夜ドライブって、明かりのない道を通ると極めて面白くない時間です。笑
夕日や景色が楽しめる道とは違うので、深夜ドライブを楽しむには、色々な要素がないと面白くなりません。

ということで、いくつか掻い摘んで、深夜ドライブを楽しめるようになるであろうポイント・要素を挙げて解説してみたいと思います。

深夜にドライブという状況に慣れる

これが実は一番重要かなと思います。

暗い道を走行するよりは、明るい高速道路を走っている方がいい景色が見れますし、長時間ドライブが楽しめます。

しかし、ガソリン代、高速代、メンテナンス代を考えると、ずっと高速道路ばかりを走るというのは現実的ではありません。
ともなると、面白くない道を面白くするしかないんですよね。

となると、面白いとか面白くないではなくて、まずは深夜の暗い道を通るということに慣れるということが重要になってきます。

時には真っ暗で誰もいない道を走行することにもなります。
こればかりは慣れがない状態で走ると、徐々にバカらしくなるといいますか、なんでこんなところを走ってんだろう・・・という気になります。
実際に、ぼくは最初はそんな感じでした。苦笑

ですので、そういう気分にならないようにするために、まずは深夜ドライブに慣れて、夜道に運転することを普通の状態にすると、深夜ドライブの基礎が出来上がるような、そんな感じになります。笑
夜な夜な道を探すのも苦ではなくなってきます。笑

ということで、深夜ドライブを楽しむためには、土台に深夜に運転することの慣れが必要なんだと実感しているので、まずは目的があってもなくても、慣れるまで深夜ドライブをしてみてください。

思い出のある場所を通る

次に、最初の方は、思い出のある場所を通ることが重要かなと思います。
誰にだって、思い出の場所はあるんじゃないかなと思います。

思い出の場所付近を通過する時、近辺のコインパーキングに止めて近所のコンビニに行ってみてください。

たったそれだけで、物凄く懐かしく切ない気持ちになれて、深夜でありながらも、すぐに帰りたいという気持ちにはならなくなると思います。

きっと昼間の方が鮮明に思い出すものがあるかと思いますが、深夜という状況もあって、深夜に外に出てても苦ではなくなるように思います。
実際、ぼくがそうでした。笑

過去にしがみついてても・・・とか言う人は多いですが、人間ですもの、今が楽しかったり楽しくなかったり色々ありますよね。笑
前だけ見て挑戦をしている時でも、ちょっと休みたい時、ちょっと疲れた時、そんな時は、この”深夜に思い出の道ドライブコース”をおすすめしたいかなと思います。

ちょっとの可能性にかける冒険

昼間にどうしても時間が取れないけど、一度は行って見たい場所に行くその冒険、深夜ドライブの時に是非やってみてください。
これは意外と楽しいモノでして、何が起きるか分からないことがあります。

ぼくは、これでスーパーカーと対面することができました。
だいぶ興奮しました。笑

こういう冒険は毎回アタリというわけにはいきませんが、慣れればかなりの確率で楽しめることが多いです。
ぼくは今でも道を間違えまくったり、迷いまくったりしていますが、今ではそれが普通になってきているので、何が起きても楽しい感じがします。笑

もっとも、ぼくは運が良いようで、何をやっても今の所はポジティブなことばかりかなと思いますので、きっと皆さんも深夜ドライブに出かけると、昼間では起きないようなポジティブアクシデントが起きるかなと思います。

車の好きな部分にフォーカスを当てて運転

最近、ぼくは音や加速に拘っている時があるんですが、深夜ドライブでは許される範囲でそれを楽しんでいます。

ローカルの下道だと、音は楽しめませんけどね。笑
大きな国道や一般道を通る時は、ある程度は音も楽しめます。

ですので、音にこだわりたい方は、そういう運転を。
加速にこだわりたい方は加速にこだわった運転を。
滑らかなハンドリングにこだわりたい方はハンドリングにこだわった運転を。
音楽を聴きながら自分の世界を楽しみたい方は音楽を聴きながら運転を。
思い出の場所で浸りたい方は思い出に浸りに行く運転を。

そんな感じで、各々楽しみたいポイントは違うと思うので、そういうポイントを探して楽しんでいただけるのも、深夜ならではではないでしょうか。

暴走族みたいなことをしてはいけませんが、ぼくの深夜ドライブ動画のような感じで、常識的な範囲であれば、割と何でも楽しめる感じです。

昼間はやりにくいことでも深夜で空いている道路だからこそできることもあるので、そこを意識してみてください。

道だけを楽しむのではなくて、道と運転を同時に楽しむ感じですね。

夜景を楽しむ

当たり前すぎる感じがするので、ぼくが言うまでもないですが、夜景をお楽しみください。

ただし、綺麗な夜景ってのは、一般的な情報サイトや情報誌に掲載されている場所だけが全てではありません。
個々人の感じ方や、その日の天気によって夜景の絶景ポイントは変わるものだと感じています。

ですので、ぼくは深夜ドライブの時にはそのポイントでは声を出して案内しようと思っている感じです。

ですので、そんな自分だけが知る夜景を求めて深夜ドライブというのも悪くない感じがします。
そして、連れ立って数台の車で行って、自分だけが知る夜景を紹介・・・なんとオシャレな!!!笑

そんなことを考えてます。w

締め

という感じで、深夜ドライブを楽しむためのポイント・要素を列挙してみました。

いかがですかね?w

夜は疲れて何も出来ない・・・
自分の車は燃費重視の車で運転が楽しくない・・・
彼女が出来たら・・・

まぁ色んなことがあるとは思いますが、もし、気分転換をしてみたいということでしたら、是非行ってみてください。

慣れれば慣れる程楽しくなること間違いありません!

ただし、やはり夜ですので、無茶な運転は避けるようにしてくださいね。
対向車のライトが眩しいこともありますし、自転車はかなり見えづらいです。
また、判断力が低下している可能性も高いです。

ですので、事前にコンビニで好きなドリンクを用意していただくといいかもしれません。
ぼくは毎回、コンビニでドリンクの準備だけして出かけている感じです。

ということで、深夜ドライブをしたいと思っていらっしゃる方や、これから挑戦してみたいと思われている方は是非参考にしてみてください。

(Visited 156 times, 1 visits today)