ポルシェが首都高速で普通車に追突した事故についての考察

2020年8月7日

高速道路イメージ

痛ましい事故が起きてしまいました。

うーん、、、誰が何と言おうと、追突したポルシェが悪いですね。
ただ、まぁ、感情論でモノを言っても仕方ないかなと思っています。

この事故のことを聞いて、色んなことが思い浮かびました。
一つは、「東池袋自動車暴走死傷事故」のこと。

さて、今回のポルシェの事故、ちゃんと裁かれてくれる事を祈りたいと思います。
なにせ、東池袋自動車暴走死傷事故では、何も進展が出ないという、前代未聞の出来事と化しています。

んで、もし、このポルシェが裁かれたならば、何故、東池袋自動車暴走死傷事故は裁かれないのか、更につきつめてほしい矛盾が出てきますよねと。

ぼくは、これらの事故のことを、他人ながら許してませんし、加害者には例外なく裁かれてほしいと願っています。

んで、もう一つ、ほんとに普通車であるbBに落ち度はなかったのか?ということ。

別に、”両方とも悪いよね”ということが言いたいわけではありません。
色んな情報が出揃ってきましたが、ブレーキ痕がなかった・・・ということは、前方を走行していた車が後方確認をせずに、また、後方から走行してきた車両も前方を走行する車両を見て、各々判断して車線変更をして、その際に接触した・・・と考えられるかなと思っています。

つまり、後方からの車両が、ミサイルの如く突っ込む意図がない限り、ノンブレーキでお互いが接触するなんてことはないのかなぁと思いました。

んで、色々と解析したり分析している方々が出現してきました。

まぁ、だからと言って、何があるわけではないんですが。

昨今、追い越し車線を一定速度でダラダラ走行する車両が多いということで、話題にあがっていますよね。
ぼくも個人的に、最近は二車線ある高速道路は左側が追い越し車線なんかなぁ・・・と感じることが多い程に、追い越し車線を防ぐ車両もあるように感じています。

重ねてアレなんですが、別に後方確認を怠ったということが全面的に悪いということが言いたいわけではありませんし、追い越し車線をダラダラ走行することが全面的に悪いと言いたいわけでもありません。
ただ、”もらい事故”という言葉があるように・・・とも思うんですね。

ドイツのアウトバーン、事故はそこまで多くはないようです。
ゼロではないにしても、ドイツの交通事故件数は日本よりも少ないというデータはあるようです。
アウトバーンと言えば、速度制限がない区間がある有名な高速道路です。

暗黙のルールはあるようで、それは、追い越し車線をダラダラ走行しないということなんですね。
そうすることで、今回のような事故が防げるためだそうです。

ということで、そろそろ、追い越し車線をダラダラ走行するのは、ほんとに厳しく取り締まった方がいいんじゃないかなとも思うんですね、全員の身を守るためにも。
追い越し車線を走行し続けることは、まぁ一応、道路交通法違反ではあると思うんですけどね、もっと厳しくですね・・・。

そういえば、先日、ZX-10R(300km/h出るバイク)を購入いたしまして、福岡まで行ってきました。
山陽道で行ったんですが、途中、90km/hそこそこで追越し車線を走行する普通車を何度も見かけました。

んで、数える程ではありますが、後ろからガンガン迫るシーンも散見しました。
後方からの車両は前方が車線変更を期待してたり、そもそも車線変更しながら走行してたり、まぁ一言で言えば危険な運転でした。
高速道路には、常にそんなリスクがあるんだなぁということが分かるようなシーンだったと思います。

ついでに言えば、10Rは200km/hからも楽勝で加速し、あっという間に300km/hに到達しそうな感じです・・・って、そこまでの速度は出したことがないので分かりませんが、少なくともYouTubeにアップされている動画ではそこまで加速しています。
あんな速度を出そうとは思いませんし、そこまでの速度が出せるということだけであの速度を出そうという気にはなりません。

ポルシェやスポーツカーに乗る人は暴走運転が多いという統計があるようですね。
因果関係はあるんですかね?
それとも、単なる相関関係があるだけですかね?

アホほどポルシェやスポーツカーに乗るという因果関係があるんですかね?
まぁ、よく分かりませんが、程々のところで歯止めがかかるような制度がないと、悲惨な事故が続いてしまうのではないでしょうか。
そんな気がします。

長くなってしまいました。

まぁとは言え、日本の狭い道路で150km/h以上で走行してたというなら、弁解の余地はないですよね。
あと、加害者のコメントも、大概アホのしそうなコメントということで、何ら容赦する必要はないのかなと思います。

重ね重ねですが。

今回、この記事で書いたことは、別に喧嘩両成敗と言いたいわけではありませんでして、自分たちの身を守ることも考えないといけませんよねということが言いたいということだけは、ご理解いただきたく思う次第です。

どんだけ綺麗事を言っても、命まで持ってかれたら綺麗事は何も機能しないということかなと思うんですね。
綺麗事を言い続けて仕事で損してる人がたまにいますが、後から愚痴るぐらいなら最初にやっとけよ・・・というのと同じかなと思うんですね。
程度の差はあるかもしれませんが、後の祭りにならないようにしたいですね、ということで。

何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

あと、日本の司法はとんでもない実績をつくる前に、とんでもない加害者は早く裁いていただきますよう、何卒お願いしたい次第でして。

追記

続編的な記事を書きました。

(Visited 363 times, 1 visits today)