車観

GTRイメージ

先日、ボルトでモトブログ+Apriliaでぼくが持つ「バイク観」を書きました。

バイクは小さな頃から憧れがあったのでガシガシ乗りに行ったりしていますが、実のところ、車に関してはそういう憧れとかがないんですよね・・・。
今となってはシビックが楽しかったり、車とバイクを一緒に乗ることで、余計に楽しさを感じているからそこら中に行ってますが、実のところ、車好きかと言われると、「ノー」というのが、私です。笑

とは言え、中学生の頃に GTR に乗せてもらったことがあって、そこから”いつかは GTR に・・・。”という思いはありました、はい。
GTR に乗せてくださった方は、ぼくの 10 歳年上の先輩という位置付けにあたる方で、人生の道しるべ的な方だったんですよね。
高校も大学も先輩と同じ道を進ませていただくようになり、人生の道しるべ的な方でした。
昨年に亡くなられたんですが、きっと GTR しか乗ったことがなかった方だったと思います。

ですので、中学の時、ある意味で強烈な車観が植えつけられた時だったように思います。

他、親父は車好きで色んな車に乗ってたようですが、正直、興味がありませんでした。

ですので、ぼくの中にある車の最終目標は、 GTR でございました。

そんな感じで、ぼくの中にある車観・・・と言うと、 GTR しかないんですよね。
ファミリーカーや大きな四駆(死語?)や旧車やハイブリッドとか、全く興味がなくて・・・というのがぼくの持つ車観だったりします。

車好きに対するイメージ

このブログでは度々書いてることですが、ぼくはシビックに乗る前、カローラフィールダーとアクアしか乗ったことがありませんでした。
しかも、 30 歳を超えてから初めて車を購入しました。
20 代の頃、車のことは一瞬も考えたことがなかったように思います。笑

そういえば、前職の時、 20 代後半の時の会社、給料が手取りで 16 万くらいだったんですよね。笑
入社して暫くしてから営業成績に応じて歩合をつけてもらうよう交渉したんですが、それでも 19 万が限界というような小さな会社でございました。

そんな感じの会社だったんですが、その社長が、ある日ドヤ顔で車を語ってきて、その最後に、「何で車に乗らへんの?おもろいでぇ!」とか言ってました。

その時から、色々と車好きのイメージが悪くなって、それは今も変わってません。
その姿と自分が極力被らないように・・・とは思ってますが、きっと同じような顔して車を語ってるんだろうなぁと、時折反省しています。汗

先述の GTR の先輩は、ぼくにとっては特別な存在で、この人はぼくの中では何をしても許される人・・・そんな感じで、色んな意味で強烈な人でした。
中学生相手に真顔で車を語って、暗に「お前も、俺を目指せ!」と言わんばかりに色んなことを教えてくださいました。

この先輩は車好きなんじゃなくて、 GTR 好きなんですよね。
車好きではなくて GTR 好き・・・なんかぴったりくる感じが笑えてしまいます。w

あと、よく見るんですが、車をカスタムしてて、いかにも車が好きなんです・・・と言わんばかりな感じの車に乗ってて、右手一本で運転している人っていますよね。
左手は肘ついて上半身が左によじれてる人。

これ、なかなか本音を言えないんですが、車好きで片手で運転してる人ってロクな人いないですよね?笑
いやほんとに。

その昔、後部座席や助手席に乗せてもらった時、いきなり車を運転し始めたかと思うと、物凄く真顔で偉そうな顔して、肘ついてしゃべる・・・ということを、仕事上で何度か経験してから、肘ついて片手で運転する連中にロクなやつはいないという認識になりました。

全員がそうというわけじゃないとは思うんですよけどね。^^;;
車好きを語る人のイメージ・・・なかなか難しいですね。

何でシビックに乗ってるの?

シビックを購入した流れについては、度々書いていることだと思うんですが、流れ的に言えば前に乗ってたアクアが故障(?)したということでディーラーに行ったんですが、そのディーラーの対応に不満があってホンダに乗り換えました。
車種はセダンだったので、まぁセダンでいいか・・・という感じでした。

実のところ、もんしはダイハツの軽、ぼくはミニバン・・・というような感じで意見が食い違ってたんですよね。笑

そこで、中間のセダンを選んだこと。
シビックはもんしが知ってたことと、親も知ってた車種だったので、まぁとりあえずは安心できる安定ラインかな・・・というのが心のどこかにありました。
ですので、ハッチバックやタイプ R を選択するという流れには当然なりませんでした。汗
この時点では、「何でハイオク?」とか「何でミッション?」とかそういうことを先行して考えました。

こういう言い方をしていいかどうかは分かりませんが、タイプ R がどういうモノか分かってたらタイプ R を購入してたと思います。笑
もんしにはミッションの限定解除を受けてもらって、タイプ R にしてたと思います。

そういう感じの流れでございました。
やはり車観がないというのは、色々と惜しいことになりますね。笑

いや、今となってはシビックセダンでよかったと思ってます。
タイプ R はきっと持て余すな・・・と思っています。笑

そんな感じの流れと今があって改めて思うんですが、このシビックとぼくの車観は一致するようなものではなかったんですよね。
ただしかし、なかなか楽しい運転ができるということで、コロッと変わってしまったように思います。
まぁそんな感じでございます。

何で車に興味がなかったのか?

車に興味がなかった理由・・・見た目と車の性能とエンジンがどれも同じに見えたから・・・というところでしょうか。
極端な話、セダンに積んでいるエンジンをワゴン車に積んでも、どうせそんなに変わらないやろ?と思ってました。
今もトヨタ車に関しては同じように思っている節があります。笑

正直、フィールダーとアクア、ハイブリッド版だと、そう変わりませんよね?笑

って、モノが全然違うので、性能も違うのは分かりますが、それを体感して説明することってできますか?という感じでした。

小学生の時、親父がハイラックスを購入して、友達がみんな羨ましがってました。
サッカーしてたので、親が車出しをするたびに、その話ばかり・・・。

正直なところ、何で羨ましがってるのか一ミリも理解できませんでした。
ぼくに車のことを言われても知らんし、ハイラックスより軽自動車の方が見た目スッキリしてて好きだったし、みんなの言うことがほんとに理解できなかったんですよね。汗

まぁそんな感じですので、ハイラックスと乗用車を比較しても違いが分からなかった・・・というところでした。
そんな感じで興味を持てるわけないですよね?笑

これまでトヨタ車しか知らなかったぼくでしたが、昨年の後半にシビックに乗って、同じような見た目でもあれこれ違いがあることを知りました。
今は、もっとそういう違いを知りたい気持ちが強いです。
最近はトヨタもスポーツに力を入れてますよね。
各社特徴ある車を出してますよね。
そういう違いを知りたい気持ちでいっぱいです。

締め

そんな感じで、割とツマラナイ感じの車観がぼくにはあるというところです。

ですので、バリバリの車好きな方からすると、正直、素人すぎて面白くない・・・と言われてもおかしくないですが、まぁぼくはぼくで、シビックを楽しんでいきたいなぁと思ってます。
なにせ、しびふぁんですからね。笑

あと、今は他の車は考えられないですが、いずれ、タイプ R に乗りたいですね。
このブログや動画で収益が出たら、そのお金でタイプ R がいいですかね。笑

それよりも、最近、シビックファンの動画は”シビックを使って楽しいドライブを!”・・・という流れから”デートコースの紹介”・・・という趣旨に変わりつつあるような感じがしています。笑

ここのところ、バイクでも色んなところに行ってて、混んでる道とそうでない道なども見えるようになってきた気がします。
例えば、車で琵琶湖一周は色々と難しそうです。
しかし、東京に行ったりするのはやはり車がいいですね。笑

楽しみ方がそれぞれあるのはもう見えてきました。笑

そんなことを思ってると、新しい車観というのがぼくの中に出てきた気がしています。
新たな車観を自分で持って楽しんでいきたいですね。

(Visited 97 times, 1 visits today)