CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗

2022年9月20日

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その1

7月の末日、ホンダカーズ大阪狭山西店で、CIVIC e:HEV(6AA-FL4)に試乗をさせていただきました。
ちょうどその日に点検で行った時に、入庫された時だったようで、タイミングがバッチリだったようでした。

ということで、写真にも撮って残したので、色々と感じたことを書いていこうと思います。

運転した感想

まず、最初に感じたことは、「静か」ということでした。
静粛性は最高のレベルで実現されているのではないでしょうか。
ホットハッチ特有のノイズが極めて静かで、ノイズがない・・・ということはないと思いますが、かなり静かです。

踏み込んだ時のスタート感は、ハイブリッド特有のスタートダッシュ感があります。
ラグはかなり少ないですね。

車重はどうしても感じてしまいますが、それでも、かなり静かでラグは感じないので、かなり気持ちいい高速走行が出来る車になってるかなと思います。

で、ある程度の速度に入った時の排気音とエンジンの回転音、これはこれでやる気が出る音になっていました。
凄いですね。
回さない時と回した時の差があり、十分にやる気になれる仕様に仕上がってたと思います。

あと、ホットハッチ特有の”ねじれ”はあまり感じられませんでした。
e:HEVの仕組みが剛性を実現させたというところでしょうか。
詳細まで分かりませんが、普段セダンに乗ってるぼくですが、セダンに見劣りしない剛性があるように感じました。

音が静かで、でも、回せばやる気が出て、剛性があって、、、もはや、ホットハッチである意味はないんじゃないかな?とさえ感じるような、そんな感じがしました。
ホットハッチじゃなかったら、どのタイプか・・・2ドアクーペかセダンかな?なんて思います。

ぼくはシビックに対する先入観やスポーツカーに対する先入観がないので、敢えて言わせていただきたいことがあるんですが、どうしてホットハッチにこだわるのかなぁ?と思うんですね。
スポーツ仕様に近い仕様を考え、剛性であったりちょっとした安全に対する配慮であったりを考えると、ホットハッチはあまりいい仕様だとは思わないんですけどね、ぼくの考えが及んでないということなんですかね。
荷物が積みやすかったり、居住性はまた違うかもしれないので、そういう観点から言うならホットハッチが優先かなと思います。

色々見てると、ホットハッチの方が車内を自由にしやすいということなので、ラリーであったり、サーキット走行でカスタムしやすかったりするみたいですね。
それ以上のことはぼくには分からないのでアレなんですが、兎角、今回のシビック e:HEVは、とても優れた仕様で仕上がった車になってると感じました。
セダン推しのぼくですが、十分に乗り換えを視野に入れてもいいくらいのモノになってると感じました。

あと、マフラーも右側一本出しということで、ヒッチメンバーもつきますね。笑
ということは軽トレーラーやトレーラーを牽引することも出来るでしょう。笑
剛性もありますし、タイヤもゴツいですしね、ちょっとした悪路なら何ら気にせず走ることが出来るでしょう。
YouTubeで11代目シビックのヒッチメンバーを調べたら、やはり出ていました。

遊びも十分に楽しめますね。
この辺りの仕様に関しては、遊びなので、走りというよりは、e:HEV特有の燃費の良さが光るところかなと思います。

自転車を積めたり、ヒッチメンバーをつけれたり、遊びも楽しめ、走りも楽しめる最高の一台かなと感じています。

写真で見るCIVIC e:HEV

10代目シビックの唯一の弱点?の、ナビが改善されてて、凄く気持ちのいい画面になってるように感じました。笑
ぼくは、10代目シビックの純正ナビでも全然満足ですが、多分、不満の方は多いと思います。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その2

デジタルメーターもかっこいいですね。
メーターが二つあります。
これは見やすいですね。
あと、色々と動くのもかっこいいですね。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その3

スポーツ走行に切り替えると、やる気ある表示に切り替わります。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その4

各所、綺麗で光ってます。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その5

流石に後ろは広いですね。
セダンでは考えられないくらい、荷物の出し入れは最高にしやすいですね。笑
なんやかんや、セダンのトランクの出入り口は狭いです。笑

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その6

車のフォルムは、かなりセダンやクーペライクな感じですね。
何で、ホットハッチでありながら、そのフォルムに拘ろうとするのか分からないんですが、兎角、綺麗なフォルムに仕上がってます。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その7

前から見ても、ホイールも、いいスタイルですね。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その8

マフラーは右からの一本だしですね。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その9

レバーやシフトノブはなくて、ボタンでモード?を切り替えるタイプです。
なんか慣れない感じがしましたが、シフトノブやシフとレバーで操作ミスをする人が減りそうな感じがするので、ボタンにする意味は大きいのかもしれませんね。

CIVIC e:HEV(6AA-FL4)を試乗 その10

締め

ということで、CIVIC e:HEVの試乗を楽しませていただきました。

個人的に思っていることなんですが、シビックに4WDかAWDをそろそろ導入してもらえると嬉しいかなぁ?なんて思っています。
今のシビックはFFで、それ故、他メーカーの車ではなかなか実現してない車重を実現し、スポーティーさを出してるのかなと思います。
で、4WDやAWDにすると、車重にもくるのでアレなんですが、林道や山道なども視野に入れて、ラリー遊びも視野に入れるなら、十分にありかな?と思うんですね。
最近、山道や林道を走ってるぼくなのでそう思うだけかもしれないんですけどね。

ただ、そういう走りをしてることもあって、車が傷だらけになってきてまして、足回りもだいぶ汚れてきてるんですよね。笑
まぁまぁ、ディーラーで洗車をお願いしてることと、コーティングもお願いしてるので、傷だらけと言っても目立ってはないんですけどね。

傷を気にして車に乗っても楽しくないので、まぁ、そこまで気にはしてないんですけどね。笑
ラリーカーもそうですし、GTカーやフォーミュラカーもそうですが、間近で見れば傷だらけで、なんだったらパーツが歪んでるようにさえ見えますからね。笑
綺麗な車よりは使い込んでる感が出てる方が、個人的には好みだったりします。
綺麗な四駆を見ると、もったいないなぁ的な。笑

まぁ、そのあたりは個人の好みの問題かなとも思うので別に押し付けたいわけではなくて。

ともあれ、環境問題などがあれこれある中で、面白いシビックがまた出てきたことを喜びたいなと思う今日この頃です。

(Visited 1,523 times, 1 visits today)