MTかATかCVTかDCTか

シビックのシフトノブ
※画像と記事の内容は関係ありません。

シビックに乗っていると、度々、トランスミッションの話に遭遇します。
掲題の通りですね。

「シビックと言えばやっぱりMTでしょ。ATやCVTは面白くないよ。DCTは高級車だね。」

みたいな。
正直なところ、この感覚がぼくにはよく分からなかったりします。

ということで、ぼくがトランスミッションに拘らない理由と、それに関して感じることを書き出してみたいと思います。

ぼくがトランスミッションに拘らない理由

ギアの機構はどうでもいい

ぼくは、基本的に運転して楽しい車であれば、トランスミッションは何でもいいと思っています。
ATもCVTも、その差が正直分からないと言いますか・・・。汗

車の原理として、ギアの大きさを変えて速度を加減させる感じだと思うんですね。
適切なギアを選んで適切なパワーで走行することができるんだと思うんですね。

MTであろうがATであろうがCVTであろうがDCTであろうが、ギアの原理で走行するということだけは変わらないことだと思うんですね。

んで、ギアの大きさを実物のギアで構成するのか、それとも機械的にギアの大きさを変化させることが出来るモノをつくって構成するのか、その辺りのことは、ぼくにとっては、どうでもいいんですね。

もし、ギアがない車やバイクに乗るとなると、それはそれでまた違う気がするんですが・・・。

合理性

プライベートや仕事での移動、趣味ドライブの使う割合で考えると、どうしてもプライベートや仕事での移動が多くなると思うんですね。
その度にMTを操作するというのは、なかなかしんどい感じがします。
セカンドカーならば、MTを選びますが、メインカーでは・・・という感じでしょうか。

このあたりは合理性の問題ですかね。

趣味ドライブにしてもレースをするわけではないですからね、MTに拘る理由がぼくにはないんですね。
合理性を考えると、どうしても、、、という感じがします。

理想の車像がない

今乗ってるシビックまで車に興味がなかった私には、理想の車像がありません。
6MTで左手を使って車に乗ることがカッコイイという感覚がないんですね・・・・。

スーパーGTやフォーミュラカーを最近見始めたぼくにとっては、どちらかと言うと、パドルシフトの方がカッコよく見えると言いますか・・・。

逆に、どうしてMT操作がいいんかなぁ?とまで感じると言いますか・・・。
今となってはそういうことを思わなくなりましたが、それでも、MTで左手を使う車に乗るならセカンドカーで完全に趣味に振り切った車でMT操作かなぁ?と思ったりします。

シビックハッチバックかセダンかを選ぶ時、MT・ハイオクという選択は、やはりぼくの頭にはなかったので・・・。

感じていること

今となっては、MT以外のトランスミッションもかなり進化していると思うんですね。
それでも、MTに拘るというのは、ビジネス的に言えば、だいぶと保守的な考えなのかなぁ?という気がするんですね。
トランスミッションは走りに与える影響が物凄く大きいとか、そういうことがあるのかな?

ガラケーか?スマホか?と言えば、今となっては大多数がスマホを選ぶのと同じ感じでしょうか。

その原理で考えると、ハイブリッドエンジンか?ガソリンエンジンか?も同じ感じですね。
時代の流れ的に言えば、ハイブリッドエンジンを選ぶ感じですね。

ぼく個人的に、ハイブリッドがシビックのエンジンよりも面白いならハイブリッドに乗りたいですけど、正直、今の所、シビックより運転が楽しいと感じた車がなかったんですね。
なので、ぼくはハイブリッドよりもガソリンを選んでるということになりますね。

オートマティックなトランスミッションの車よりも、MT操作が楽しいというのであれば、それは趣味趣向なので、全然ありだと思います。
個人的には、スクーターに乗るよりも、MTのバイクに乗ってる方が楽しく運転出来てる感があります。

だからと言って、それは押し付けたりするものではなくて、あたかも常識的な感じで物語られると少々しんどいというか返答に困るというか。
そんな感じがしています。

締め

と、ぼくの感覚で色々書いてみました。

でも、MTが当たり前のところで車に関わり続けてこられた方々からすると、CVTやATよりもMTをおすすめしたくなったりすることはありますよね。
それは何も車だけに限らず、釣りやゴルフでも同様のことがよくありますよね。

なので、別にトランスミッションの話が出ることを嫌っているとかそういうことではなくて、返答に困ることがありますよね・・・ということが言いたいだけなのかもしれません。笑
ぼくは、今、シビックに乗っててパドルシフト操作が十分に楽しい感じがするんですね。
ギアの機構を擬似的かどうか知らないけど、作り出して走行する車でも十分に楽しいんですよね。
なので、トランスミッションの話が出ると、何と言っていいか分からなくなると言いますか・・・。笑

正直、バイクに乗ってるとよく思いますが、ギアチェンジをしたりすることで出る排気音にしても、やっぱり音もツーリングの一部分だと思うんですね。
だからと言って、スクーターがダメってわけじゃないんですね。
この辺りは完全に趣味趣向かなと思います。

なので、ぼくはぼくで気をつけなきゃいけないというところですよね。

あと、速い遅いとか、スポーツ感の演出にも関わることだと思うんですが、正直、300km/hも出るバイクに乗って、全てふっとびました。笑
レースカーをイメージして・・・とか、そういうのも、今となってはどうでもよくて、今は、とにかく、楽しく運転したいというのが一番なんですね。

ということで、「MTか?ATか?CVTか?DCTか?」について、乗って楽しい車が一番ということが、ぼくの中での結論で、今の所、セカンドカーを買うならMTがいいなと思っているということで、おなしゃす!笑

軽々しくは言えないんですが、正直、「シビック クーペ」か、「シビック si クーペ」がほしいです。
でも、今買っても乗る時間を捻出するのがしんどいです・・・。
バイクを減らせば全然イケる気はしてるんですが、まだバイクは手放したくはないです・・・。

そんな葛藤と闘う最近でして、MT車に乗るのはまだもう少し先のこととなりそうです。w

(Visited 328 times, 1 visits today)